2017年7月10日月曜日

バスケットボールのトラベリングとは

バスケットボールのトラベリングについての私的見解を述べたい。

結論から述べると、パスをされたとき等、ボールを両足が床から離れているときに受け取った後は、「2回」しか床に足を付けてはいけない(2回まで着地できる、両足同時着地の場合も1回とカウントする)、ということだと私は理解している。

両足着地の状態でパスを受けたときは1回目の着地となり、その後に着地したときが2回目の着地となる。その後にジャンプし着地(3回目)するまでにボールを離せばトラベリングにはならない。

ボールを受け取り片足で着地し、その足でジャンプしまたその足で着地し、もう一方の足が着地していなければトラベリングにはならない。着地した足でさらにジャンプした後に着地しない間にボールを離せばトラベリングにはならない。

先に着地させた足(同時に着地させたときはそのどちらか一方)を軸足として床に着地した状態では軸足でない方の足は移動させ着地させても(ピボット)2回めの着地としてカウントされトラベリングにはならない。軸足だけを床から離し、軸足でない方の足を着地させた状態で立っていてもトラベリングにはならない。さらに軸足でない方の足でジャンプし着地するまでの間にボールを離せばトラベリングにはならない(ステップインシュート、軸足が浮いた瞬間にトラベリングとなると解するのは誤り)。

レイアップシュートはボールを受け取ってから両足の2回しか着地していないので、当然にトラベリングにはならない。軸足を上げるとトラベリングになるとの理解は誤り。足を上げるか否かではなく、3回目の足の着地があるかないかが問題。ピボット状態からドリブルに入るときも、軸足が床から離れる前にボールを離さなければならないのではなく、軸足を再度着地させるまえにボールを離しドリブルを開始すればトラベリングにはならない(多分。あるサイトのYouTubeの英語の解説では軸足を離す前にボールを話さなければならないとあるが、軸足を離した状態でもステップインシュートのときと同様、トラベリングにはならないと考えるのが統一的に理解するにはわかりやすい)。

したがい(ルールブックを読んだわけではないが恐らく)、両足が床から離れている間にボールを受け取り、2本の足で同時に着地し(1回目)、両足同時に床から離しジャンプし、さらに両足同時に着地した場合(2回目)にはトラベリングにはならない。その後に両足でジャンプし着地するまでの間にボールを離せばトラベリングにはならない(ギャロップステップ)。

2回めに両足で着地した場合にピボットすると3回目の着地となるので、トラベリングとなる。

ただ、NBAのレフェリングではかなり見逃されているトラベリングがあると私には思える。

2017年1月31日火曜日

ネットバンキングではキャリアメールの登録が推奨されているが本当に安全か?

ネットバンキングではキャリアメールの登録が推奨されているが本当に安全か?


私が知り得る範囲では、キャリアメールが他の種類のメールアドレスに比べ安全と言える理由はないと思う。


キャリアメールが安全とされる理由の一つにその端末・携帯電話・スマートフォンでしか読めないと考えられていることがあると思うが、どのキャリアのキャリアメールも他の端末・PCで読めるように利便性が高められているため(キャリアメール不要論が叫ばれ、使い勝手を改善していることがセキュリティを害しているという皮肉な結果に)、この点では他のメールアドレスより安全であるとは言えない。この点からはプロバイダメール等、IDとパスワードの設定でWebメールやメールソフトが使えるメールアドレスはやはりセキュリティが高いとは言えない(携帯電話・スマートフォンの電話番号宛に送られるメールであればかなりセキュリティが高まるのではないかと思う)


同じキャリアメールアドレス間では専用線・専用回線が使われ、インターネットを経由しないので、手紙ではなく封書で送付されるのと同じように盗聴(盗読?)の心配はないと言われるが、ネットバンクから発信されるメールアドレスはユーザーのキャリアに合わせて発信されるわけではないので(インターネットを経由するので)、これもキャリアメールが安全と言える理由にはならない(電話番号宛に送られるメールではFAXと同じようにセキュリティは高まると思う)。


フリーメールはサーバーに脆弱性がありハッキングされる危険性が高いとしてフリーメールのアドレスの登録が忌避されているという実情があると思うが、個人情報の漏洩がニュースで報道されるメールアドレスは.com(ドットコム)以外のサーバーに限られ、他のサーバーではあまり漏洩の報道に接することがないので、これもキャリアメールが安全との理由にはならないと思う。むしろ、いわゆるフリーメールでメジャーなところは認証アプリを用いた2段階認証を採用していてIDとパスワードが盗まれてもアクセスできないため、キャリアメールに安全性で劣るという指摘は当たらないと思う。キャリアメールはキャリアを変更すると使えなくなってしまうが、フリーメールは使い続ける限りそのアカウントを保持し続けることができるので、メールアドレスの管理上はフリーメールに軍配が上がる(アカウントの確保のためにフリーメールを有料で使用している人も多いのではないか?)。

結論としてはやはりキャリアメールやプロバイダメールがフリーメールに比べセキュリティが高いとは言えないのではないか。ワンタイムパスワード専用で電話番号宛メールを使うのであればセキュリティはかなり高まると思う(採用されない理由が何かあるのかもしれないが)。

2017年1月17日火曜日

宅配便の配達時間帯指定は無意味ではないか

例えば、宅配便の配達時間帯を14時から16時までの2時間と指定した場合、客はその時間ずっと在宅して待機していなければいけないか?結論としては、再配達でよいというのであれば客には待機している義務はないという結論にならざるを得ない(早く受領したい等の理由でその2時間の間ずっと在宅・待機しているのは客の勝手ということになる)。


本来は指定した時間は外出せずに待機しているべきだと思うが、売り主や運送業者が「交通事情などにより必ずしも約束された時間内に届かない場合があります。予めご了承ください」などと注意書きをしていて、業者にも依るものの、指定された時間内に届かないことがある。


2時間という幅がありながら、その時間内に届けられないというのであれば、客も時間指定をしていても、その2時間の間ずっと在宅しているというわけにはいかない。交通事情等により遅れた場合にさらに30分、1時間、2時間と待たなければならない謂れはない。近くのコンビニに行ってほんの数分不在にしたタイミングで1回めの配達があり不在票が入れられてしまえば、当初の約定通りの16時までの配達という義務はなくなり(もともと法的義務ではないか?)、業者によっては再配達はすべて翌日以降というところもある(初めからコンビニ受け取りにすればよいのかもしれないが、「宅配便」なのだから・・・)。そうであれば、まるまる2時間不在にしたところで客に非はない。指定した2時間の間に来ないので近くのコンビニへ行って帰って来たら不在票が入っていたなどということもある。ということは、そのような配達状況下では客もお届け時間帯を指定しておきながら、その時間帯丸々2時間を不在にするということも受領遅滞とされるべきではない(指定した時間帯にずっと在宅待機している方が阿呆というものか?)。


そうなると配達時間帯指定をする意味はなくなる(最初から一応の目安に過ぎなかったというべきか?)。最初から1回目の配達では受け取れないと考えた方がよい。朝8時や朝10時までの2時間では在宅して受領することは無理なことがわかっていても、そのような時間帯を指定し、敢えてすっぽかし、不在票が入ってから配達作業員の携帯に電話し、今から30分なら在宅しているからと連絡して持って来てもらうのが得策。


客が在宅しているにも関わらず1回目の配達時にいきなり不在票を入れる配達作業員がいる(当然、荷物は持参しない)という話もネット上には出ている(不在票すら入れずに1回目配達時は不在だったという業務記録を残す配達作業員もいるとのこと)。


そのような配達状況であれば、当日配達というのはその日の午後9時までを意味するということなので(私は初め日付が変わらない限り、すなわち、午後11時59分までであれば当日配達なのだろうと思っていた)、配達時間帯を指定しようがしまいが、配達予定日の午後8時には在宅しているというようにし、再配達依頼をしてその日の午後9時までに受領する、という方法を採るのが遅配による不満を避けるには一番いい方法だと思う。ただ、再配達はすべて翌日以降という運送業者の場合には、その翌日以降の(努力目標に過ぎない)希望配達時間帯に配達されないことも普通に起こり得ることだろうし、それを予想し、客の方も再び不在にするということもあるので、配達完了が1週間後や10日後になるのもやむを得ない。


実際、そのような経験談・苦情がネット上では散見される。午後9時では実際に帰宅していなという人も多いかもしれない。改めて24時間365日営業のコンビニの偉大さを痛感する。深夜の歯痛用の鎮痛薬と風邪薬がすべてのコンビニで販売されれば申し分なし。買い置きしてあるが、いざ使おうとなると使用期限が過ぎていたりする。処方箋なしで薬局・薬店で買える薬がなぜコンビニで買えないのか理解に苦しむ。処方箋で指示された薬名の薬を処方箋で指示された数量だけ倉庫から出して患者に渡すのに薬学の知識が必要なのか否かについては私にはわからない。


ネット上では、ある運送作業員が指定した時間通りに運ぶにはどのくらいのコストがかかるか考えるべきだとの意見もあるが、いつ来るかわからないのであればその間ずっと在宅しているわけにもいかない。従い、再配達時にまた不在になってもやむを得ない。結局、荷物をいつ受け取れるかは、神のみぞ知る、ということになる。客は受領できれば儲けものくらいの気持ちで待つしかない。

指定時間内の配達が無理なのであれば、時間指定など最初からさせず、届ける前に登録してある電話番号に架電し、受領できることを確認してから配達するべきではないか?